日本の社会保障制度

介護福祉士

第29回介護福祉士国家試験問題より

問題7 日本の社会保障制度に関する次の記述のうち、最適なものを1つ選びなさい。

1 加入は、個人が選択できる。
2 保険料だけで運営され、公費負担は行われない。
3 医療保険、年金保険、雇用保険、労災保険、介護保険の5つである。
4 給与形態は、現金給付に限られる。
5 保険料は、加入者個人のリスクに見合った額になる。

正解は↓↓↓

正解は3です。

1 社会保険の原則として強制加入。
2 いずれも何らかの形で公費負担が行われる。
3 設問のとおり。医療保険、年金保険、介護保険の三つを社会保険、雇用保険と労災保険の二つを労働保険と呼ぶことがある。 
4 社会保険の給付の形態は、現金の支給と実際のサービスの二種類あり、それぞれ現金給付と現物給付という。
5 社会保険の保険料は、個人のリスクに合わせたものではなく、日本全体で平均的なリスクに合わせたものになる。
  被保険者全体の平均危険率と被保険者の負担能力(所得)を基にした平均保険料主義が採用されている。         

コメント

タイトルとURLをコピーしました