公認心理師は合格ならずでした!

継続力トレーニング

先日の2022年7月17日は第五回公認心理師の試験日でした。

一年前の2021年6月20日に公認心理師のことを知り、その日から毎日コツコツと少しずつ勉強を始めて、今回の受験チャレンジを行いました。

結果は、自己採点で 117点/230点 でした。

148点が合格点ラインといわれているので、大きく足りず・・・残念でした!

『努力をして結果が出ると自信がつく。
 努力をせず結果が出るとおごりが出る。
 努力をせず結果が出ないと後悔が残る。
 努力をして結果が出なくても経験が残る。』

好きな言葉の1つです。

 合格という結果は出ませんでしたが、後悔より毎日勉強を継続できた、チャレンジ出来たと経験が残りました。

 また、失敗をすると失敗する気持ちがよくわかります。良く認知症の方々に共感的理解をしましょうなどと耳にしますが、やはりその人の気持ちはその人にしかわからないのだと思います。失敗をして初めて失敗をする気持ちがわかる。失敗も活かしようで誰かの役に立ちますね。

 そもそもよく考えてみると、勉強をしたいけど働かなくてはいけない国の子供たちもたくさん地球上には存在するのだと思い、毎日勉強している、ではなく毎日勉強させてもらえている有難い、環境を忘れてはいけないなと思いなおしました。

 これからも今回391日間毎日勉強できたという継続力を次のチャレンジに活かしていきます。

 公認心理師の資格試験チャレンジで、私は一年前の自分より、なりたい自分に少しだけ近づけました。そのことに感謝いたします。コツコツを応援してくださった皆様に感謝いたします。

これからもなりたい自分に向けてコツコツと努力を重ねてまいります。

よしとも

コメント

  1. A より:

    合格基準点は138点(60%)としているようです。正式な解答でるまでわかりませんよ。

    • よしとも よしとも より:

      コメントいただきありがとうございます!お言葉に感謝いたします。コツコツと続けていく事は何かしら続けておりますので、お言葉を糧にこれからもコツコツとさせていただきます。ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました